八女和紅茶作り体験その2。

昼食はこぐま研修所にて。
といっても熊がいるわけじゃありません。

DSC_9824.JPG

おおくまさんが代表だからこぐま研修所。
ただ、駄洒落が滑ったのか「みんなの館」 という施設名称が一般的です。

DSC_9836.JPG

さらにさらに、みんなの館は福祉会「こぐま学園」の尾久保(←地名)研修所という位置づけ。
これ以上気になる方はこぐま福祉会のホームページをご覧下さい。

DSC_9841.JPG

熊はいませんがポニーはいます。

DSC_9848.JPG

白やぎもいます。

DSC_9840.JPG

でも熊はいません。

DSC_9857.JPG

そして昼食はラム…ではなく、薬膳弁当。

DSC_9855.JPG

シェフ曰く、薬膳といっても苦いお薬のようなものではなく季節の体にいいものを食べたり、食材や調味料のちょっとした効能を生活に取り入れることだと言っていたような気がします。

DSC_9864.JPG

昼食後は星野村でお茶を作られている山口さんによるお茶の淹れ方講座。
日本茶インストラクターもされています。

DSC_9863.JPG

お茶の種類によって湯呑みのサイズ、お湯の温度等を変えましょう。例えば玉露は小さい湯呑みに低温で、少量を口に含んで味や香りを楽しむのがいいそうです。今回は上級煎茶ということで、お湯の温度は約70℃(3秒間掌に乗せられる温度)。温度の調整は湯呑みを湯冷まし代わりに使うのが量も調整できて一石二鳥です。

DSC_9865.JPG

お湯を急須に入れたら1分程度待ち、湯呑みに少量ずついれます。
こうすることでお茶の濃度が一定に保たれ、量も均一に調整できるんですね。

DSC_9868.JPGDSC_9866.JPG

急須を横一列に並べた場合、ジグザグにいれていきましょう。

DSC_9870.JPG

最後の一滴までしっかりと。

さぁ実際にやってみましょう。

DSC_9872.JPG

湯呑みにお湯を入れ、

DSC_9875.JPG

冷ます間に茶葉を急須に。

DSC_9879.JPG

3秒間掌に乗せられる温度になったら、

DSC_9890.JPG

急須に集め、

DSC_9892.JPG

1分程待ちます。

DSC_9880.JPG

男の子も親と参加してました。
美味しいお茶をいれられるお茶男子。かっこよすぎるぜ。。

DSC_9895.JPG

そして湯呑みに順番に注いでいきます。

DSC_9897.JPGDSC_9912.JPG
DSC_9910.JPG
DSC_9911.JPGDSC_9913.JPG

最後の一滴まで。

DSC_9926.JPG

おいしい緑茶のできあがり。

DSC_9920.JPG

水分を急須に残さないのは、二煎目もおいしくいただくため。
急須内で蒸らさないようにするため、少し蓋を開けておくといいそうです。

DSC_9924.JPG

二煎目は短めじゃないと濃くて渋めのお茶が出ます。
これはこれで好きな方もいるんですけどね。

昼食とお茶の淹れ方教室をしている間、主催の八女産地紅茶研究会の皆さんが茶葉の乾燥をしていてくれました。この研究会は複数の生産者や問屋さんたちのグループで、明治に欧米露向けの輸出用紅茶の生産を行っていた歴史や文化等の情報発信、そして紅茶生産の復興を推進しています。10種類の八女紅茶を集めたセレクトパックの販売もされているので、気になる方はぜひ。

そしてこの後は紅茶を使った和菓子作り体験。
この時点でかなり盛りだくさんでお腹一杯かもしれませんが、その3も良ければご覧下さい。