メルボルンにある寄付運営のカフェ "Lentil as Anything" レポート

久しぶりブログに書きたいことができたので、リハビリがてら投稿です。文章のトーンがこれまでと変わってるのは気にしないでください。

ここはオーストラリアのメルボルン

DSC_7557

いまオーストラリアのメルボルンにワーホリ中なのですが、そこで興味深いビジネスモデルのカフェを知りました。その名は"Lentil as Anything"。

このカフェ、実はメニューに料金表がありません。なぜかというと利用する人の寄付で運営しているから。友だちからその話しを聞いて興味をもったので、サイトをチェックしました。

Lentil as Anythingの哲学とは?

英語の読解力も日本語の表現力もそこそこなので一言で表すのは難しいのですが、箇条書きだとこのような感じかと。

  • Lentil as Anythingの哲学や、食べ物の価値に対して寄付してほしい
  • 来た人をコミュニティの一員として歓迎したい
  • 政府の助成金から独立し、人々の好意を信頼する
  • すべて人間は経済状況に関係なく、お腹を満たし社会的である権利がある
  • お金は人を隔てるのではなく結ぶもの
  • レジの代わりに募金箱を置く

サイトには創始者のShanaka Fernando氏のTEDx Talkもあります。英語になじみがある方はこちらも見てみてください。生まれ育った祖国のことや、Lentil as Anythingをはじめたきっかけなどを話してあります。

 ボランティアに申し込んでみた。

閑散の地、Abbotsfordへ。

サイトにボランティアを受け付けてあったので、早速応募して行ってきました。3店舗あるうち、説明会の場所はAbbotsford。最も栄えているシティから電車で10分程度の場所。駅名はVictoria Park Station。この日は暑かった。。

DSC_7715

シティから近いこともあり、それなりに栄えている場所かと思っていたらそんなことはなく。。駅から徒歩10分ほどの目的地まで空きテナントや空き家が目立つ。人通りもほとんどなく、本当にこの先にカフェがあるのかと不安になるほど。建物の雰囲気は違っても、この辺りは日本の駅前商店街と似た印象を受けました。

Lentil as Anythingは複数の歴史的建造物や庭園を活用した文化施設内に。

DSC_7717

そんなことを考えながら目的地へのわき道にさしあたると、人通りが急に目立ちます。なんだかチグハグな印象を抱きながら歩いていると目的地に到着。カフェはThe Abbotsford Conventという敷地内の、いちテナントとしてありました。いくつかの歴史的建物やスペースを活用して、アートギャラリーやいくつかのカフェ、マーケットなどがある模様。

DSC_7744 DSC_7738

お店の雰囲気は自由でフレンドリーで多種多様。

DSC_7739 DSC_7723

ランチとディナーの間の時間だったこともあり、外の席は空きがありました。多いときは行列ができるみたいです。お客さんだけでなく赤いエプロンを付けた店員さんも一緒におしゃべり。そして推察だけど多国籍、ビジネスマンっぽい人、近所の若者っぽい人が好きに時間を過ごしていました。

ボランティア説明会はカジュアルな自己紹介から。

DSC_7726

説明会に参加してたのは10人強。英語力高そうなメンツだけど、みんな気さくな感じで安心しました。京都に行ったことがあるという青年は日本語で話しかけてくれたりも。最年少は14歳だったかな。若いときからこういう経験積むっていい機会だなぁと思います。日本だと義務教育期間中に社会経験を積める機会が少ないと個人的に感じていて、このお店の募金箱システムのように、サービスを受ける人がその価値を決められる仕組みなら、研修や職業訓練する人への風当たりが弱く、社会経験を積みやすくなるんじゃないかと思いました。

DSC_7728

簡単に図式化すると、営利サービス業だと以下のような価値観の交換が発生します。

固定の価格 ⇔ 不定のサービス → クレーム or 利益

クレームはなるべく無くしたいので、組織は【不定のサービス】の品質ムラをなくすことにコストをかけます。特にHR部門の人はサービスの質とOJTを天秤にかけ、シビアでストレスフルなビジネスライフを送るなんてこともあるんじゃないでしょうか。

一方NPOなLentil as Anythingは少し変数が変わります。

不定のサービス ⇔ 不定の募金 → 等価交換

利益を求める観点からすれば、この式はナンセンス。等価だと利益が出ないから。また【不定のサービス】、【不定の募金】いずれもボランティアや善意からなるので、不定の振幅が大きく、信頼や必要性をベースに置いています。組織の存在意義をエゴではなく社会に問うている。これは消費者が賢くなる仕組みだと思いました。

説明会に学ぶメルボルンのカフェ文化。

DSC_7732

14歳の少年のくだりから話しがそれました。。説明会の話しに戻ると、プレートの持ち方やカフェ文化の盛んなメルボルンのコーヒーの呼称などを教えてもらいました。

  • ロングブラック ≒ 2ショットのエスプレッソ + お湯
  • ショートブラック ≒ 1ショットのエスプレッソ + お湯
  • フラットホワイト ≒ カフェラテ

リスニングに自信ないのでニアリーイコールで。

DSC_7730

実際にフラットホワイトを注文していただきました。首都キャンベラから引っ越してきた同い年くらいの青年とおしゃべりしながらだったので、つい写真撮るの忘れてしまいました。他にもプレートを運ぶときの持ち方なんかも。これで6枚のお皿を一度に運べるようになったはず!

Lentil as Anythingの仕組みが気になる…。

本当に寄付でやっていけるのか、テナント料や食材の入手経路、サステナビリティについてマネージャーさんに質問してみました。聞き出せていないことも多いと思いますが、大きく5つ。

募金箱システム

レジがなく募金箱が置いてあることは既に書きました。一人一皿あたり平均何ドルくらい支払っているのか、逆に何ドルくらいが存続可能なラインなのかなど、大事なことを聞きそびれました。またボランティアとして働きに来るのでその時にでも伺えればと思っています。

ボランティアワーカー

DSC_7737

マネージャーは別でしょうが、働く人は数多くのボランティアから成り立っています。人種や性別を問わず色んな人がいました。給料が出るわけではないので、人件費はかかりませんが、教育費はかかるんじゃないかと思います。この辺も詳しく聞けてないのでまた後日。

フードバンクからの食材購入

フードバンクと提携していて、スーパーの訳あり品なんかを安く購入したり、時には譲ってもらったりしているそうです。

トラストからの支援

DSC_7719

テナント料は払っているそうですが、敷地がトラスト団体所有なので少しは負担が少ないのかもしれません。これももう少し調べようと思います。ざっくりで申し訳ないです。

寄付にかかる税金

ホームページには、2007年にAustralian Tax Officeから特例措置をうけ、免税されたとありました。他にも雇用やヒーローに関するアワード(←この辺が外国っぽい)を授賞しているようです。歩くところに道ができる、やってみるって大事ですね。これまで周りの人たちが凄い作品を作ってるのをみて萎縮しがちだったんですが、自分もとにかく何かやろうと、このレポート記事を書き始めました。

サステナブルか?

上にも書きましたが、それを社会に問うていることに意義があると思います。3店舗あるうちの1つ、Footscrayは以前存続の危機に直面しました。そのとき撮られていたドキュメンタリーがあるので貼付けておきます。動画の最後の方には、その後地域の支援により存続したとあり、FootscrayのLentil at Anythingは現在も営業を続けているようです。

他にも色々思うところがあったボランティア説明会

DSC_7745  DSC_7751 DSC_7753

まだ頭の中で整理できていないことがたくさんある、とても刺激的な一日でした。目に留まった、タダ飯が食べられると居着いているっぽい人や近隣の閑散とした雰囲気、インスピレーションを受け、これから自分がやっていこうと考えているいくつかのプロジェクトのこと。たくさんの刺激を得てモヤモヤしている状態ながら、少しずつ言葉にして伝えていきたいです。

DSC_7733

ボランティアワーカーとして定期的に行くことにしているので、次は早めに行ってご飯を食べたりおしゃべりしながら詳しい話しを伺っていきたいです。新しい情報はブログで追記なりしていきたいと思います。今後もよろしくお願いします。